このサイトについて

キャンプ

おはようございます!
こんにちわ!
こんばんわ!

プロフィールページに足を運んでいただき、ありがとうございます!

きよ助
きよ助
はじめてキャンプを運営している「きよ助」と申します。

プロフィールページって何を書けば良いか分かりませんが、なんでこのサイトを立ち上げたのかとか、

そもそもお前何者??

という興味を持つ極少数の人に届けば良いかな〜と。

こんな感じの人です。

 ↓↓↓

「きよ助」の成分10ケ条

  1. 神奈川住み・1986年生まれ・2児の父
  2. キャンプにどハマり
  3. 今はMyキャンプ場を作るべく山を探し中
  4. アウトドア全般大好き
  5. 真顔で自撮り旅にハマってる
    ※インスタでたまに展開中※
  6. 面白そうなことにはすぐ首を突っ込む
  7. 後悔しないように、即行動!
  8. 小学校からバスケやってます!!
  9. 人見知りと思っているが、速攻で否定される
  10. カレーよりハヤシ派

半分は自虐ネタですね(苦笑)

キャンプ場のマナーに困った人も若干いて迷惑したことあるし、自分の子どももいるしってことで、2020年はプライベートキャンプができる山林を探しています!購入しようと思ってます!

千葉・埼玉・神奈川・山梨あたりで情報があれば連絡ください・・・(;_;)
使ってない、手放したい山があれば譲ってください!

「はじめてキャンプ」を作った背景

はじめてキャンプを作った背景は、1つ(いや2つ・・・3つかな)!

キャンプ始めるのにどういった手順踏めば良い?と聞かれた時に、

きよ助
きよ助
自分が分かりやすいと思うサイトが欲しかったから

なんです。

(全然関係ない話ですけど、前に勤めていた会社で年間100泊を行う職業旅人だったこともあって、旅行関連に関しては人に聞かれることも多いんですよ。)

きよ助
きよ助
これ見といたら一通りわかるよ!

っていうのを自分でも分かりやすい形で作りたかったからなんです。

そして、「はじめてキャンプ」を見て1人でも多くキャンプ仲間として加わってくれたら良いなっていう出来心です。

きよ助
きよ助
ぎ、偽善者じゃないんだから!!!

私自身、凄腕のキャンパーか?と問われればそんなことありません。

まだまだキャンプ初心者だし、多くのキャンプメディア(CAMPHACK・LANTERN・hinataとか資金がある会社が運営しているサイト)とかtwitterで学ばせてもらってます!

でもそういう大手メディアをみていて感じたことがあったんですよ。

本当の初心者って何を選んだら良いか分からないし、情報がありすぎて見えにくい点があるな〜

初心者の時の気持ちって、結局のところ初心者にしか分からないんじゃないか?って思っちゃうんです。

仕事でも感じていることなんですけど、平社員の時に思っていた「なんだかな〜」っていう気持ちって、役職を持ち始めると気持ちが次第に薄れるのと同じ感覚です。(わかる人います・・・?)

そんな想いが根底にあるので、

超初心者
 ↓
初心者(ここが私)
 ↓
ベテランキャンパー

の位置付けで情報発信していくと決めています。

ちょうど中間です。
永遠の初心者です。

知らない・体験したことのないキャンプ道具もたくさんあります。

初心者におすすめのキャンプ道具はもちろん、使ってみたことないけど気になっているという物のレビューも今後していく予定です!

発信していくスピードは遅めですが、何せ1人でやってるので許してください(笑)
※許すも何も期待する人はいないと思いますけど(はい、自虐ーー)

掲載希望の方へ

初心者目線でレビュー記事を書いていきます!

使って欲しいキャンプ用品やキャンプ場の宣伝をしてほしい人はご連絡ください!

基本的には無料で対応してます!

連絡してみる

私がキャンプにハマったきっかけが知りたい方は読み進めてください(笑)

そもそも私がキャンプにハマったキッカケ

キャンプを初めて経験したのは、大学4年生の夏休み。ゼミの友人達と一緒に行ったのがキッカケです。

きよ助
きよ助
楽しそうだし、大学生のうちに色々経験しとくかっ!

キャンプ経験が多少あると豪語していた友人(以下、黒田)の幼少期の記憶を頼りに、もはや道と呼べるかどうかも分からない場所を突き進む一同。

到着したところは、

キャンプ場じゃありませんでした。
※これが後述するキャンプ後の大事件に繋がります。

きよ助
きよ助
おい黒田まじか。。。

神奈川県秦野市内某所で、ただ川だけがある場所です。

トイレもシャワーも水道すらありません。
THEサバイルバルキャンプです。

4人のうち3人が初キャンプです。

おかしくない?
ねぇ、何か色々とおかしくない??笑

ちなみに、当時キャンプしたのはこの場所です。
(※GoogleMapで見つけました)

GoogleMapから探した当時キャンプした場所

今みたいに優れたキャンプ道具を用意しているわけでもなく、4人のメンズキャンプなのにテントとBBQコンロだけで向かったくらいでしたからね。

大事な着火剤を忘れました。
タバコ吸う人もいないのでライターもありません。

道なき道を進んできたので、戻って買い出しに行くという選択肢は最初からありません。


できない理由を探す前に、
できるように考えるべし

誰かがそう言った気がします。
(たぶん皆んなの心の中。)

はい。木で頑張って火起こしです(笑)

原始人もびっくりの火起こし時間
きよ助
きよ助
原始人もビックリ!
点火まで、まさかの4時間!

今思えば、5分で点火できる術を知ったので本当に成長したものです(笑)

火おこし
【最短5分】誰でも簡単に火おこしができる裏技BBQでの火おこしで苦戦してますか?実はコツと方法を知っておけば、最短5分で着火させることが可能になります。火おこしに苦労するより、火を起こした後の料理と食事、そして談笑に全力を注ぎましょう!...

そんな非現実的な空間で得られた「川のせせらぎ」「風が森林を通り抜けていく感覚」「焚き火の音や揺れ」「熊出没注意の看板」などは、死ぬ直前まで絶対に忘れられない体験でした。

キャンプの印象を決定づけた大事件は帰り道です。

キャンプも無事に終わりさぁ帰ろうとして、来た時に通った道無き道を進んで行く途中に切り株?に引っかかって黒田の車のマフラーが完全に落ちました。

(当時全盛期?だったmixiにアップしていた写真がどこか彼方へ葬り去れれたのが悔やまられる!)

これも今となっては良い思い出です。

・・・なんなんでしょうかね、語彙力も画像もないので伝わらないのが悔しい(苦笑)

自分用の山が欲しくてDMで山を買った人に会いにも行くように・・・

冒頭でも話したように、2020年現在は自分用のキャンプ地を開拓すべく山林を探し中です。

ペグ打ちする我が子

こういう笑顔をみたいっていうのもあるけど、自分のタイミングで山に行って自由に遊んで好きなタイミングで帰るって最高じゃないですか?

しかも自分の手で開拓していくことで達成感も子どもと味わえますし。

そんなこんなで、兵庫で13万坪の壮大なる山を買った夫婦をネットで知り、会って話が聞きたい!山の話をめっちゃ聞きたい!

気がついたら、DMしてました(笑)

突如送ったDM

はい。
そのご夫婦に会うためにアポ取りして神奈川から大阪へ行ってきましたYO。

きよ助
きよ助
まさかの快諾(超感謝!!)していただきました!
兵庫の山13万坪を買ったご夫婦

その時の話や現在の進捗はまた別の機会にしますが、こんな山持っている人の話聞けるだけでもうワクワクですよ!

きよ助
きよ助
でもね、本当に人見知りなんです私(笑)

というわけで、ガチで山林を探していますので情報があればぜひ連絡ください!笑

情報求ム。 

/
 キャンプ用の山林探してます!
\

こじんまりとしたキャンプ場ができる山林を探し中

●最終的な平らな面積
テニスコート5-8面(400坪)以上

●総敷地面積
制限なし

●希望エリア
神奈川・千葉・埼玉・山梨

連絡はこちら

まとめると!

キャンプ好きに悪い人はいないと思っています!

なので、、、

キャンプ好きな人は仲良くなってください!笑