キャンプ場レビュー

【レビュー】都心から1時間!ボスコオートキャンプベースの人気の秘密を徹底解剖

都心から1.5時間!ボスコオートキャンプベースの人気の秘密
標高が高くて川がある高規格のキャンプ場を探している
都心から1~2時間程度のキャンプ場が理想的!

そんな人は神奈川県秦野にある『ボスコオートキャンプベース』はいかがでしょうか?

場内には渓流(小川)が複数流れていて、ほとんどの区画サイトが川沿いに設定されているので暑い日でも涼を楽しむことができます。

ボスコオートキャンプベースの渓流
きよ助
きよ助
川の水位も低く、大人の膝下くらい。目を離すのは危険ですが溺れることはないので安心して見てられます♪

区画サイトは約60㎡(9m×7m程度)とバラつきはあるものの、ランドロック+ミニバンでもギリギリで配置できます。

ボスコオートキャンプベース_体験レポ

・体験は9月19日
・家族4人で利用(大人2、子2)
・日中の気温26℃(半袖)
・夜の気温8℃
・天気は晴天
・砂利サイト(固め)
・広めの区画サイト
・THE自然!な環境
・釣り堀あり
・川遊びができる
・天然の湧き水あり
・ピザ焼き体験可能
・寒い時期でも温水便座あり
・木製ベンチ1台(6人掛け)が区画サイトごとに設置あり

関東圏内で、冬でも安心して利用できるキャンプ場を探しているのなら必見です!

リピーター確実になってしまうボスコオートキャンプベースの人気の秘密をレビューしていきます。

ボスコオートキャンプベースの全容

まずは、全容からご紹介します。

ボスコオートキャンプベースの場内現地案内図(今回は301でした)
利用時間と住所
  • チェックイン:12:00 ~ 18:00
  • チェックアウト: ~ 11:00
    ※延長する場合は、別途料金(2,000円×サイト設定台数)により16:00まで滞在OK
  • 住所:神奈川県秦野市丹沢寺山75
宿泊費
  • 【オートキャンプ 1台用(6名迄)】
    宿泊料:5,100円~11,100円
  • 【オートキャンプ 2台用(12名迄)】
    宿泊料:10,200円~22,200円
  • 【オートキャンプ 3台用(18名迄)】
    宿泊料:15,300円~33,300円
  • 【オートキャンプ 4台用(24名迄)】
    宿泊料:20,400円~44,400円
  • 【オートキャンプ 5台用(30名迄)】
    宿泊料:25,500円~55,500円
  • 【セットアップテント 2台(6名迄)】
    宿泊料:22,500円~25,800円
  • 【日帰りデイキャンプ 1台(6名迄)】
    宿泊料:3,540円~

シーズンによって価格が変動するので予約時には注意してください。

きよ助
きよ助
予約は利用月の2ヶ月前の1日から可能ですが、予約開始と同時にPCやスマホの前で待機してないと約30分ほどで埋まります。(実体験)

つまり、8月中に予約をしたい場合は6月1日に予約が可能ということ!

アーリーチェックイン / レイトチェックアウト

アーリーチェックインは10時〜(+900円×サイト設定台数)、レイトチェックアウトは〜16時(+2,000円×サイト設定台数)で利用可能です。私は、レイトチェックアウトを利用して16時までたっぷり遊びました!

ボスコオートキャンプ場ベースの所在地

東名自動車道の東名秦野中井ICから車で45分ほどの山道を登っていくと到着します。

きよ助
きよ助
山の中にあるキャンプ場なので、最寄りのキャンプ場まで車で30分かかります。事前に、買い出しは済ませておきましょう!

現地で買い出しする場合は、『カインズ秦野店』もしくは『イオン秦野ショッピングセンター』で調達できます。

東名自動車道で行く場合も、国道246号線で行く場合も、上記にある2店舗が最終的な買い出しポイントとなります。

イオンにはスポーツオーソリティもあるので、キャンプ道具のちょい足しにも便利です!

入り口&受付前からすでに雰囲気が出ています

看板に従って国道70号をひたすら進んでいくとBOSCOと書かれた看板が目に入ります。

ボスコオートキャンプ場の入り口もう少し前に車を進めて
ボスコオートキャンプ場の入り口看板を左に進んで下りればOK

看板を左折して下ると、ちょっと急な坂が登場しますが、そのまま100m前進すると受付が目に入ります。

ボスコオートキャンプベースの受付ココが受付です

まさかのトレーラーハウスが受付になっています。

きよ助
きよ助
この時点で、言葉では言い表せないセンスを感じます。

ちなみに、薪を買い忘れても薪はガッツリ置いてあるので必要であれば買い足しましょう♪

ボスコオートキャンプベースの巻売り

私が見たときは、ヒノキの薪が700円でした。

人気の秘訣は、渓流(小川)沿いに区画サイトが配置されている

ボスコオートキャンプベースの場内

引用:ボスコオートキャンプベース

川沿いにテントを配置することを楽しみにしている人も多いですが、フリーサイトではない限り川沿いにテントを配置しようとすると運任せが殆ど・・・。

その点ボスコオートキャンプベースは、ほぼ全ての区画サイトが渓流(小川)沿いに設定されているので心配する必要はありません!

ボスコオートキャンプベースの場内10●エリア
ボスコオートキャンプベースの場内20●エリア
ボスコオートキャンプベースの区画サイトは渓流沿い30●エリア
ボスコオートキャンプベースの場内40●エリア
きよ助
きよ助
つまり、前回宿泊した時とは違った区画サイトになっても、新しい気持ちで楽しむことができちゃう!

「来るたびに場内の景色が変わるだけではなく、新しい体験ができる」というのはキャンパーにとっては非常に嬉しい設定ですね!

オートキャンプベースで興奮する子供

到着早々に、長男はこの興奮ぎみの表情です(笑)

ボスコオートキャンプベースの区画サイトは渓流沿い

繰り返しになりますが、ほぼ全ての区画サイトが渓流沿いに配置されているので、暑い日には川でじゃぶじゃぶ遊ぶことができます。

ボスコオートキャンプベースの区画サイトは渓流沿い

そして区画サイトには、木製のテーブルとベンチが1台(6人掛け)が備えられています。

ボスコオートキャンプベースの場内木製ベンチが区画サイトに付属
きよ助
きよ助
多くなりすぎなキャンプ道具を1つでも減らすことができるのは嬉しいポイント!

もちろん、自前のキャンプテーブルを持って行って2つ使うこともOKです。

ボスコオートキャンプベースでは、森の中でテントを張ることがメインとなるので、虫対策は忘れずにしまよう!

森林の中のキャンプ

川沿いはアブも飛んでいたので、ポイズンリムーバーの準備や虫刺されに合わないような長袖長ズボンの準備を怠らないようにしましょう。

また、地面は硬い砂利なので鋳造ペグじゃないと刺さらないので、ペグも用意しておきましょう。

初心者が使用すべき鋳造ペグ

トイレが温水便座&炊事場はお湯が出る

ボスコオートキャンプベースが人気であり続ける理由は、渓流沿いの区画サイトだけではありません。

  • トイレが温水便座&シャワー付きな点
  • 寒い日でも炊事場ではお湯が出る

この2点も人気を後押ししていると、私は感じました。

受付近くのトイレ受付近くのトイレ
ボスコオートキャンプベースの男性トイレ男性トイレ
ボスコオートキャンプベースの男性トイレ受付近くのトイレが一番キレイ

少し離れた「30●エリア」や、「40●エリア」は受付近くのトイレほどではないですが、十分キレイなトイレです。

ボスコオートキャンプベースのトイレ30●エリアのトイレ洗面台
ボスコオートキャンプベースの女性トイレ30●エリアの女性トイレ。(妻撮影)
ボスコオートキャンプベースのトイレ頻繁に清掃してました

細かい配慮が嬉しいので、安心して利用できます。

区画サイト同様に、炊事場も場所によって雰囲気がガラっと変わります。

ボスコオートキャンプベースの炊事場 ボスコオートキャンプベースの炊事場

もちろんコロナウィルス対策で、あちこちにアルコール消毒も設置されていました。

シャワー室は24時間利用可能

ボスコオートキャンプベースのシャワー室

トイレ棟の右にある四角い建物が、シャワー室です。

ボスコオートキャンプベースのシャワー室

24時間利用可能で、5分200円です。

備え付けのリンスインシャンプーとボディソープはありますが、ドライヤーがないのがややネック。

きよ助
きよ助
ドライヤーがないと女性は厳しいかもしれません。

妻も「ドライヤーがないと風邪ひいちゃうな〜・・・」と言っていたので、どうしても頭を洗いたい人はドライヤーが使えるポータブル電源を持参するようにしましょう。

もしかしたら?

私が発見できなかっただけで、ドライヤーはどこかにあったのかも??すみません、そこは現地調査不足です。

子供も大人も興奮の釣り堀でニジマス釣り

ボスコオートキャンプベース内でニジマス釣り

意外?に大人もハマったのが、渓流でのニジマス釣りです。

1竿とバケツと餌付きセット:2,600円で5匹まで釣ることができます。

きよ助
きよ助
1匹520円なので、アクティビティ代含めたら安上がりじゃん!!

となり、ガッツリ1.5時間くらい楽しみました♪

釣ったニジマスを焼く

釣った後は、お約束のニジマスの塩焼きで堪能♪

自然の中で生きる=自分で採って調理して食べる

環境の良いキャンプ場で、子供たちに自然の摂理を覚えてもらうのは良いことだと私は思ってます!

さらに場内には、トカゲやトンボも発見することができるので、自然体験をするには持ってこいのキャンプ場です。

場内にはトンボも飛んでます

草木・動物・火といった自然の理(ことわり)を知るのは、子供の成長には最適ですねぇ♪

衛生が保証された丹沢の天然の湧き水

丹沢は、水が透き通っていることで有名です。

ボスコオートキャンプベース内に流れる渓流は、丹沢の水で湧き水として飲むことが可能♪

丹沢の天然の湧き水
湧き水といっても少し不安なんだけど・・・

そう思う人もいるでしょう!

でも実際に衛生保証がされていると看板でPRされているので安心してください!

天然水の衛生保証
きよ助
きよ助
家族4人でガブガブ飲みましたが体調に変化はありません!笑

さらに、炊事場で出る水やお湯はこの丹沢の天然水を活用しているとのことです。

空き時間があればピザ焼き体験も可能

ボスコオートキャンプベースでピザ焼き体験

空き時間が合えばピザ窯でのピザ焼き体験ができます。

きよ助
きよ助
2日目の昼食に利用したいところ!

ヘラやピザカッターなどの道具はセットレンタルが可能、1時間あたりの時間レンタルとなるそうです。

注意点

ピザの食材は、持参する必要があるのであらかじめ用意しておきましょう。

もちろん、ピザだけじゃなくホイル焼きも可能ですよ〜!

まとめ

そこまで大々的な広告を打っていないにも関わらず、予約開始30分で予約終了となるボスコオートキャンプベースのレビューでした。

自然の中で、これだけアウトドアレジャーを楽しめるキャンプ場はあまりないのではないでしょうか。

一度行ったらリピートしたくなるキャンプ場でした。

きよ助
きよ助
我が家は、リピート決定のキャンプ場になりました♪

川遊び、マス釣り、トンボやトカゲ探し、森林の中、これらを神奈川県内で楽しむならココ一択になりそうです。

最後に、もう一度施設の概要を載せておきます。

利用時間と住所
  • チェックイン:12:00 ~ 18:00
  • チェックアウト: ~ 11:00
    ※延長する場合は、別途料金(2,000円×サイト設定台数)により16:00まで滞在OK
  • 住所:神奈川県秦野市丹沢寺山75
宿泊費
  • 【オートキャンプ 1台用(6名迄)】
    宿泊料:5,100円~11,100円
  • 【オートキャンプ 2台用(12名迄)】
    宿泊料:10,200円~22,200円
  • 【オートキャンプ 3台用(18名迄)】
    宿泊料:15,300円~33,300円
  • 【オートキャンプ 4台用(24名迄)】
    宿泊料:20,400円~44,400円
  • 【オートキャンプ 5台用(30名迄)】
    宿泊料:25,500円~55,500円
  • 【セットアップテント 2台(6名迄)】
    宿泊料:22,500円~25,800円
  • 【日帰りデイキャンプ 1台(6名迄)】
    宿泊料:3,540円~

公式サイト

予約サイトの『なっぷ』でも口コミ点数が4.18(2021年9月現在)と高評価!!

口コミを見る

東名自動車道の東名秦野中井ICから車で45分ほどの山道を登っていくと到着します。

ABOUT ME
アバター
きよ助
キャンプ大好きな2児の童顔パパ。30代。 2020年現在は、プライベートキャンプができる山を購入するべく山林を探してます。何か情報ありましたらご連絡いただけると嬉しいです。 興味があればプロフィール情報も是非どうぞ!
関連する記事