キャンプ道具

スキレットのシーズニングは5ステップ!ニトリがコスパ最強でおすすめ

ニトリのスキレットは初心者のお財布には優しい
スキレットを使ってアヒージョとか作りたい
スキレットってシーズニングというのが必要って聞いたけど難しいの?

スキレットを使った料理って夢が膨らむけど、色々調べていくとシーズニングというものにぶち当たります。

私も購入までは二の足を踏んでました。

だって、キャンプメーカー用品から販売されているスキレットって意外に高いんだもん(←笑)。

そんな時に知ったのがニトリのスキレット!

ニトリのスキレットは初心者のお財布には優しい

なんと税込で498円!!

  • 15cm:498円(税込)
  • 19cm:799円(税込)

お値段以上ニトリ♪は伊達じゃない!

コールマンやスノーピークだと2,000円以上はしますからね。

物は良いんですけど、シーズニングに失敗して錆びちゃったりするとショックでかいじゃないですか・・・。

でもニトリならワンコインで買えちゃいますからね!

失敗しても・・・なんか許せる金額じゃないですか?

シーズニングを始める前に準備する物と注意点

シーズニングを始める前に準備しておく材料と注意点があるので、まず先に頭に入れておきましょう!

シーズニングに必要な物
  • オリーブ油 or サラダ油
  • くず野菜
  • ハンドルカバー or ミトン
注意点
  • スキレットが超熱くなるのでハンドルカバーもしくはミトンは必須
  • スキレットから白い煙が出るので、換気扇回すか外でやること

これらがスキレットのシーズニングを始める前に重要なことです。

料理をしない人からすると、くず野菜って何?となりますよね。

くず野菜とは、料理の過程で出てくる野菜の切れ端のことでゴミ箱行きとなるものです。

人参とかの切れ端や玉ねぎの薄皮とかです。

まぁゴミ箱行きなので、所詮ゴミです。

そのくず野菜を活用してスキレットに油を塗っていくのがシーズニングなんですね。

シーズニングのやり方①:まず食用洗剤で洗う

購入後のスキレットは錆び防止剤がついているので洗剤で落としましょう

購入後のスキレットは錆び防止剤がついているので洗剤で落とす必要があります!

キャンプやコンロで使う前には必須で行う作業となります。

さっそく、ゴシゴシとスキレットを洗っていきましょう。

ゴシゴシとスキレットを洗っていきましょう

金たわしだと表面を傷つけてしまうので、スポンジで優しく洗っていくのがポイントです。

シーズニングのやり方②:キッチンペーパー・コンロで水分を飛ばす

スキレット全面を洗い終わったらキッチンペーパーで水分を取り除きます。

洗い終わったらペーパーで水分を取り除く

ある程度、水分を拭き取ったらコンロで水分を完全に飛ばします。

中火以下でゆっくりと加熱してください!

水分を熱で飛ばします

シーズニングのやり方③:オリーブ油をスキレットに垂らして、くず野菜を入れる

スキレットを油になじませるには、オリーブ油が良いとされていますが、キャノーラ油など普通のサラダ油でも良いです。

オリーブ油をスキレットに垂らす左がオリーブ油、右がサラダ油

理想はオリーブ油が良いので、余っていたら使いましょう!

さっそく、スキレットにオリーブ油を垂らしていきます。

スキレットにオリーブ油を垂らす

オリーブ油を入れ終わったら、くず野菜を入れてスキレット全体に油をなじませましょう!

ここで先ほど説明したように大量の白い煙が出てきます!

事前に換気扇や空気が通り抜けるようにしておくことが重要です。

じゃないと部屋が一気に煙まみれになってしまいます・・・

くず野菜を入れて油をなじませる

ヘリも忘れずにくず野菜をねじ込ませるようにしてオリーブ油を塗っていきましょう!

ヘリも忘れずに油をなじませる

具体的なイメージはこちらの動画を見てください。

シーズニングのやり方④:取っ手や裏面もオリーブ油でなじませる

次に、取っ手や裏面もオリーブ油を塗っていきます。

ただここでさらに注意ポイントがあります!

それは、熱されたスキレットは物凄く熱いので素手で掴むのは超危険!ということ。

素手でスキレットを掴むのは超危険

必ず、ハンドルカバーやミトンで掴むようにしましょう。

熱されたスキレットはハンドルカバーやミトンで掴みましょう

熱くなかったとしても、注意してオリーブ油をにじませたキッチンペーパーで吹いていきます。

表面を塗ったら底や取っ手に塗っていきます

裏面も忘れずに塗りましょう!(案外、これを忘れてしまいがちな人が多いようです)

裏面も忘れずに!

シーズニングのやり方⑤:熱を冷ましたら完成

油を塗り終わったら完全に冷めるまで待機

オリーブ油を塗り終わって完全に冷めたら完成です!

シーズニングが完了すると、食用洗剤で洗う前との違いに気がつくはずです。

使用後のスキレットは何となく黒光りする使用後のスキレット
使用前のスキレット使用前のスキレット

比較すると、黒光りしていますね。

早く料理を作ってみたい!と意気込んじゃいますね!

シーズニングのやり方【保管編】:新聞紙orチラシ紙で包む(錆び防止)

シーズニングが完了したら、使用する時まで新聞紙で包んでおきます。

シーズニングが終わったスキレットは錆びに弱いので、水分をすぐに取り除いてあげられる環境であることが重要なのです。

そこで、登場するのが新聞紙!

新聞紙は水分をよく取るのでスキレットの保管には重宝します。

革靴の中が湿気まみれにならないように、新聞紙を丸めて突っ込む習慣と同じ理屈です。

ただ、最近では新聞を取っている人はそこまで多くなってきました。

そこで代替案が家電量販店や通販ショップからのチラシ紙です。

使わないもの、過去のものがあったら新聞紙の代わりとして使いましょう!

まとめ

シーズニングは食用洗剤で洗ってから、新聞紙で包むまでおおよそ30分くらいです。

正直、最初は『めんどくさそう、難しそう』と思っていましたが案外簡単でした。

これでアヒージョをはじめとしたスキレット料理を楽しむことができます!

スキレットを購入しようか迷っている人は、導入編としてはニトリが金額的にもオススメなんです!

似たような価格だと、キャプテンスタッグも有です!

楽しいスキレット料理を楽しんじゃいましょう!

ABOUT ME
アバター
きよ助
キャンプ大好きな2児の童顔パパ。30代。 2020年現在は、プライベートキャンプができる山を購入するべく山林を探してます。何か情報ありましたらご連絡いただけると嬉しいです。 興味があればプロフィール情報も是非どうぞ!