キャンプ道具

冬キャンプの挑戦は電源サイトから!凍え死なないための「持ち物」ガイド

冬キャンプに必要な物と注意すべきポイント
そろそろ冬キャンプに挑戦したい!
冬キャンプに必要な、あったか装備を教えて!
ストーブやカーペットって何が良い?なくても平気?

キャンプのピークシーズンでもある春〜秋も素敵ですが、「人が少ない」「虫がいない」「澄んだ夜空」など冬キャンプにも物凄く魅力があるんですよ。

ただ、避けて通れないのが朝夜の寒さですよね。

通常生活でも寒すぎてクーラーやストーブを使用してるのに、大自然の中でどう過ごせば良いの!?

そんな心配をしているあなたに、冬キャンプに必要となる防寒対策をお伝えします!

まず冬キャンプに初挑戦するときは、電源サイトを利用しよう

冬キャンプでまず注意しなければならないことが、寒さ対策です。

その際、何かあっても寒さを凌げるポイントとなるのが電源サイトの利用です。

フリーサイトだと、コンセントを利用した道具が全く使えないので本当のサバイバルになります。

電源サイトでの冬キャンプに慣れてきた後でも遅くはありませんが、死に直結するくらいの寒さで過ごせるほど慣れてきたら、もうあなたは初心者キャンパーではありません(笑)

キャンプ場は山の中にあることが多く、場所にもよりますが夜0~2時の気温はマイナス●度が当たり前の世界です。

スノボやスキーをやった経験がある人ならわかると思いますが、体感としてはその気温よりも寒いです。
※事実寒い

冬キャンプにあると安心する防寒グッズはこれだ!

冬キャンプには欠かせない湯たんぽ
湯たんぽ

冬キャンプには電気カーペット
電気カーペット

寝袋はマミー型を用意すべし
寝袋

寝袋の上に毛布をかければもう安全
毛布

室内で足を暖めるテントシューズ
テントシューズ

ゲレンデウェアは何だかんだ最強の防寒具
アウター
ゲレンデウェアでも可

まず、冬キャンプに挑戦しようとしている人がテントを持っていない!初めてのキャンプなんです!ということはあり得ないと思っている前提で話を進めます。

もし、キャンプそのものも初めてだけど冬キャンプから!という人は下記記事で、最低限必要なキャンプ道具10個+αをみてください

冬キャンプに役立つ道具:湯たんぽ

冬キャンプには欠かせない湯たんぽ

令和になったこのご時世、知らない人も多いんですが、寝る時に湯たんぽがあるかないかで睡眠の質が全然変わるんですよ!

湯たんぽをお腹を中心にして抱きしめたり、太ももで挟んでぬくぬくしたり・・・!

電気あんかみたいなものです。

しかも寝袋の中に身体があるので熱がこもって冷めにくい!

そして、電気ストーブや薪ストーブと違って何より安全!!

以前はお湯を入れて保温するタイプが多かったですが、最近は充電式タイプも発売されています。

充電し忘れても、電源サイトがあれば最悪どうにかなります!

冬キャンプに役立つ道具:電気カーペット

冬キャンプには電気カーペット

冬キャンプの寒い夜をテント内でストレスなく過ごすためには、寝床を温める必要があります。

そこで一番便利なのが電気カーペットです。

地面からの底冷えも解消してくれるだけでなく、身体に暖かい温もりを提供してくれます。

薪ストーブがあると暖炉があって良いのですが、冬キャンプの経験が浅いうちは電気カーペットや毛布で挑戦してから、冬キャンプを今後も続けるかどうかを決めても遅くはありません!

冬キャンプに役立つ道具:電気カーペットのサイズ感

レギュラーシーズン(春〜秋)のキャンプでも着替えやキャンプ道具で荷物が多くなりますが、冬キャンプではさらに防寒グッズを追加しなくてはいけないので、かさばります。

そのため、キャンプへ持っていくホットカーペットはコンパクトに折りたためるものがおすすめ。

サイズ感の目安
  • 約2畳用:175cm×175cm
  • 約3畳用:195cm×235cm

持っているテントの大きさに合った電気カーペットを選びましょう。

屋外用のコードを必ず利用する

電気カーペットを使用するためには、電源が用意されているサイトからテント内の電気カーペットに接続する必要があります。

その時には、屋外用の電源コードを必ず使いましょう。
※延長コードも

家庭やオフィスで使用されているような室内用の電源コードは、雨や湿気で感電の危険があります。

電源(コンセントを指す)場所とテント内の距離にもよりますが、電源コードの長さは10〜15m程あれば基本的にどこのキャンプ場でも接続できるはずです。

夜間に引っかかったりする危険を防ぐために目立つ色の電源コードを用意すると安全です!

使用アンペアと用意されているアンペア数を確認!

電気カーペットのコンセントをAC電源に挿す前に、電源サイト側の許容アンペア数と電気カーペットの使用アンペア数の差異を確認することが大事です。

電気カーペット以外にも、(キャンプでは見かけないですが)炊飯器や充電器、その他AC電源を必要とする機器も同時に使用している場合、AC電源に表示されている最大アンペア数を超えてしまうことによってキャンプ場のブレーカーが落ちることになります。

そうなると、他のキャンパーにも迷惑がかかるので、絶対に確認してくださいね!

冬キャンプに役立つ道具:寝袋

シュラフの向きは足元が出入り口側にくるようにしよう

電気カーペットと同じくらい重要なものが、寝袋です。

湯たんぽと身体を同時に包んでくれるマミータイプ型が良いです。

封筒型だとせっかく暖めた空気が寝返りなどによって外気に漏れるので、熱がこもるマミー型にしましょう。

冬キャンプに役立つ道具:毛布

寝袋の上に毛布をかければもう安全

寝袋の上に覆いかぶせる毛布も用意しましょう。

寝袋の寒さ対策機能がしっかりしていれば毛布はいらない時もありますが、冬のキャンプをなめてかかると死に直面します。

持っていって使わないくらい暖かかったらラッキー♪程度に思っておいてください。

自宅にある羽毛の毛布でも良いですし、AC電源があるサイトを利用すれば、電気毛布も使用できます。

冬キャンプに役立つ道具:テントシューズ

室内で足を暖めるテントシューズ

就寝前のテント内で動くための暖か装備です。

足元がキンキンに冷えていると、歩くのも億劫ですしつま先が痛くて壊死するんじゃないかという気持ちにすらなります。

あとつま先が冷えていると、全く寝付けないんですよ本当に・・・。

靴下の重ね着でも良いですが、ぬくぬくするテントシューズがあるので、この機会に一つくらいは用意しておいても良いのでは?

冬キャンプに役立つ道具:ワークマンのアウター

ワークマンでは、防寒防水で3,000円〜5,000円くらいで手に入れることができます!

ワークマンのアウターは2020年大人気

公式ページ

その他、ヒートテックやフリース素材のインナーも多めに(3~5枚くらい)持っていきましょう。

ゲレンデ用ウェアもキャンプでは大活躍ゲレンデ用ウェアもキャンプでは大活躍

ゲレンデ用ウェアも時には役に立ちます。

ゲレンデ用ウェアで、下手に厚着してずんぐりむっくりにならずとも寒さ対策もできます。

ただゲレンデ用ウェアを持っていない人もいると思うので、持っていない人は今、人気急上昇中のワークマンでアウターを買ったり厚着をする方法が一番良いでしょう。

石油ストーブや薪ストーブを最初はおすすめしない決定的な理由

率直に言うと、石油ストーブや薪ストーブをテント内で使用すると危険だからです。

基本的にキャンプで使用するテントは燃えやすい素材が多いので、可燃性があると一気に燃え広がって大惨事になります。

電気ストーブは一酸化炭素はださないため安全と言われていますが近くに可燃物があると簡単に燃えます。

石油ストーブは酸素が不足すると、有毒の一酸化炭素が発生し気づいたら頃には手遅れ(死亡すること)になってしまいます。

一酸化炭素中毒になる前に警報で教えてくれる物もあるので、石油ストーブを使用する予定の人は必ず持参しましょう!

まとめ

初めての冬キャンプ挑戦は、期待よりもやや不安が強いですよね。

とりあえず間違いなく言えるのは、電源サイトを利用すべし!ということです。

それに付随して、電気カーペットや電気毛布を使用し暖をとって素敵な冬キャンプを過ごしましょう!

ABOUT ME
アバター
きよ助
キャンプ大好きな2児の童顔パパ。30代。 以前勤めていた会社では国内で年間100泊以上の宿泊経験をしていました。友人には「旅行先を聞くならきよ助に!」とちょくちょく言われています。旅行に行くと写真にこだわりすぎて、子どもから「いつまで変な体制で写真撮ってるの?」と急かされ悲しい気持ちになってます。