キャンプ道具

【ランタンスタンド】ランタンをぶら下げて危険を事前に回避

ランタンスタンド

キャンプをするときにランタンの置き場所って困りますよね。

テーブルの上にランタン?
それとも別の場所にランタン?

もっとも安全なのは、中心地から少し離れた場所ですが食卓用テーブルが中心地から遠くなるのは面倒臭いですよね。

そこで便利な道具が『ランタンスタンド』です。

自立している棒(のようなもの)に、ランタンを吊るすことによって空間を有効活用することができます。

特にガスランタンの場合は、ランタンスタンドは必須です。

例えば、テーブルの上にランタンを置いている場合、誤って転倒させてしまう可能性が高いですが、ランタンスタンドにぶら下げておけば心配はありません。

おすすめのランタンスタンド

スノーピーク

引用:Amazonの口コミ
ポールを地面に突き刺すため、ポールを支える足がありません。
そのため、足を引っかける心配もないです。また、強度てきな問題(倒れたりしないか?)が心配でしたが、全く問題ないです。(10泊ほど使用)

ぶっちゃけ、このスノーピークのパイルドライバー一つあればOKです。

地面にガンガン刺さるし、タコ足もないので足を引っ掛けて倒してしまうこともありません。

詳しい使い方はこちらの記事をどうぞ♪

ランタンスタンド(パイルドライバー)
【動画あり】1分で完成!ランタンスタンド(パイルドライバー)の使い方ランタンスタンドの使い方がわからない!タコ足型と直立型どちらが良いかわからない!そんな人に向けた記事です。スノーピークのパイルドライバーを例に動画で紹介しています。...

YOGOTO

引用:Amazonの口コミ
私がキャンプ用品を選ぶ上で重要視するのが、如何にコンパクトに収納できるか?
という点です。この製品は伸ばせば2m以上、畳めば80cm以下なので、機能性と収納性は文句なしに◎。フックが2つも付いているので、光量の小さめなランタンを2つぶら下げて、光量を稼ぐなんて手法もできます。私の場合、虫の多いキャンプ場でノーススターと
電池式殺虫器の組み合わせ。大光量で誘き寄せて電撃! 面白いようにバチバチと殺虫器が鳴り響いてました。

キャプテンスタッグ

引用:Amazonの口コミ
お値段以上に満足しております。子どもがまだ小さいので出来るだけ上にランタンを置きたいことと、ペグ打ちできるので助かってます。

ランタンスタンドを使ったほうが良い理由

虫が集まる場所を遠ざけることができる

キャンプの夜に明かりは絶対必要です。

しかし、その明かりに誘われて虫が集まって来てしまうのもネックなんですね。

でも、少し離れたところにランタンスタンドを使ってランタンを照らせば、そこに虫が集まるので談笑する場所に虫が寄りつくなるというメリットがあります!

虫嫌いな人がいたり、大量の虫が発生している場合はかなり有効です。

離れた場所にランタンスタンドをセットして、電撃殺虫器と組み合わせれば厄介な虫対策もできちゃいます♪

虫対策
【キャンプの虫対策】もういやだ!キャンプ場に潜む「虫」の対応策!キャンプでは蚊、ブヨ、ハチ、ムカデ、毛虫といった虫たちが襲い掛かってくるのを、どのようにして防ぐかで快適さは全然違ってきます。ここでは市販の薬を使った対応策を紹介していきます。...

誤ってランタンを地面に落としにくい

最近では電池を使用したLEDランタンの利用が増えていますが、明るさに難があったりすることもあって、ガスランタンを使用している人も多いです。

ガスランタンをテーブルの上なんかに置いておいて、お酒が入った勢いで肘でがん!!と地面に落としてしまったら大変です。

ましてやガスを扱っていますし、ランタンのガラスが割れたらもう最後。

スペアランタンがない限りは、代用はできず夜の明かりもないので寝るしかありません。

そんな事態を避けるためにも、導線を意識した場所にランタンスタンドを立てて、そこに吊るしておけばまず大丈夫です。

キャンプ独特の雰囲気が出やすい

ランタンのように光を照らしてくれる物は高いところに置くほうが理想です。

なぜなら、高いところから照らされいると、まず手元が明るく動きやすいからです。

ランタンスタンドは長さをお好みに調節できるものが多いので、理想とする雰囲気に合わせた設置が可能となります。

まとめ

テーブルの上に置いていた方は、次回からはランタンスタンドを買うようになります。

それくらいランタンスタンドの便利さの破壊力は凄いんです。

あなたのテリトリーとなるサイト全体を明るく照らしてくれるランタンスタンドは持っておいて損はない一品です。

ABOUT ME
アバター
きよ助
キャンプ大好きな2児の童顔パパ。30代。 以前勤めていた会社では国内で年間100泊以上の宿泊経験をしていました。友人には「旅行先を聞くならきよ助に!」とちょくちょく言われています。旅行に行くと写真にこだわりすぎて、子どもから「いつまで変な体制で写真撮ってるの?」と急かされ悲しい気持ちになってます。