お役立ち

【タープの収納】ストレスなく1発で終わらせる撤収作業

タープの設営方法は何となく知ってるけど、片付け方がいまいち分からない。
タープをたたんだけど、収納ケースに入らない。汗

キャンプでの撤収作業の2大難関が、テントとタープを収納ケースに入れることなんですよね。

キャンプに行く前、キャンプの夜、キャンプの早朝にイメージして撤収作業に臨みましょう!

例として、コールマンのウェザーマスターヘキサタープIIでの実演となりますが、レクタタープ・スクリーンタープであっても要領は同じです。

長方形に整えてから折っていくべし!

です。

タープのたたみ方の極意

もし、最後の最後の難関でもあるファスナーにがあと少しで閉まらない!という悩みを抱えている人は、ファスナーを閉めると簡単にできるよを参照してください!
※リンクを押せばページ内の場所まで飛べます

※レクタタープの人はSTEP3:細長い長方形になるように半分のところで折り曲げるまでジャンプしましょう。

STEP1:タープ全体を広げる

【タープのたたみ方】STEP1:まず広げる

まずはタープを全体に広がるようにします。

できれば、裏面に汚れはつけて欲しくないところ。

そのため、表面が地面側になるようにします。

地面が雨や泥水でグチャグチャで広げられない!!という場合もあるので、事前にブルーシートか何かを持っていきましょう!

それすらもできないという悲惨な状況の場合は、簡単に水分だけ吹いてゴミ袋か何かに入れて持ち帰りましょう。

晴天時に作業した方がカビ発生にもならずタープも長持ちします。

STEP2:長方形になるように上下左右を少し折り曲げる

【タープのたたみ方】STEP2:長方形になるように上下左右を折り曲げる

STEP1で広げたタープを長方形になるように上下左右を一度ずつ折り曲げます。

【タープのたたみ方】STEP2:長方形になるように上下左右を折り曲げる

目視でみても「あ、キレイな長方形になったかな・・・?」となるくらいがベストです。

STEP3:細長い長方形になるように半分のところで折り曲げる

【タープのたたみ方】STEP3:細長い長方形になるように半分で折り曲げる

STEP2で長方形になったタープを、真ん中半分で折り曲げてさらに細長い長方形にします。

レクタ(スクウェア)タープは最初から長方形なので、細長い長方形にしていくだけです!

タープはキャンプにマストアイテム
【タープの種類】キャンプ初心者はヘキサかレクタを選ぶべし!キャンプだけではなくバーベキューの際に、日陰を作るために使われるのが「タープ」。多くのキャンパーが利用していますが、キャンプ初心者は「ヘキサタープ 」か「レクタタープ」を買いましょう!理由は自由度と汎用性が優れているからなんですね♪...

STEP4:正方形→長方形を繰り返す

【タープのたたみ方】STEP4:正方形・長方形を繰り返す 【タープのたたみ方】STEP4:正方形・長方形を繰り返す

STEP3で細長い長方形になったら、そこからさらに半分になるように折っておきます。

できれば、長方形→正方形→長方形になるようなイメージで行うと楽です。

タープの大きさによっても変わってきますが、基本的には次ステップの収納ケースの幅に治るくらいまでは細長い長方形もしくは正方形になるようにするまで続けましょう。

STEP5:収納ケースの横幅内に収まっているかを一時的に確認

【タープのたたみ方】STEP5:収納ケースの横幅内に収まっているか要確認

収納ケースの横幅に合うまで折りたたんでいきます。

【タープのたたみ方】STEP5:収納ケースの横幅内に収まっているか要確認

収納ケースの横幅と比較すると、

収納ケースの横幅 > タープの横幅

となりました!

これでようやく収納ケースに入れこむ作業に移れます。

STEP6:タープをくるくると巻いていく

【タープのたたみ方】STEP6:タープをくるくると巻いていく

タープをくるくると収納ケースの幅をベースに丸めていきます。

ここはそんなに難しくありません。

STEP7:タープを収納ケースに入れる

【タープのたたみ方】STEP7:タープを収納ケースに入れる

問題がなければ、そのまま収納ケースにすっぽりと入るはずです。

もしどうしても入らない・・・という人は、ファスナーを閉めると簡単にできるよを参照してください!

STEP8:ポール・ペグ・ロープも忘れずに入れましょう

【タープのたたみ方】STEP8:ポールやペグ、ロープも忘れずに

忘れてはいけないのが、ポール・ペグ・ロープ一式です。

【タープのたたみ方】STEP8:ポールやペグ、ロープも忘れずに

タープを入れる前後どちらでも良いんですが、個人的にはタープを収納ケースに入れた後のがオススメ。

【タープのたたみ方】STEP8:ポールやペグ、ロープも忘れずに

理由としては、収納ケースに入らない原因はほぼタープの折りたたみ方だからです。

収納ケースにタープを入れた後で、空いている隙間にポール・ペグ・ロープはすり込ませることも可能なのですが、逆の場合はそうはいきません。

少しでも収納ケースに余裕があるほうがタープを収納しやすいので、タープを先に収納してからポール・ペグ・ロープと続きましょう。

【賢い閉め方】 先に留め具を固定してからファスナーを閉めると簡単にできるよ

留め具を固定してからファスナーを閉める
あと少しなのにファスナーが閉まらない!!

という人や

収納ケースを壊したくない!!

という人に試して欲しいのが、留め具を固定してからファスナーを閉めることです。

タープのたたみ方の極意

留め具を固定してからファスナーを閉めることを知っておくと、収納が簡単になります。

ロックしてからファスナーを閉めよう

こうすることで、ファスナーがすすっと動きます。

無理やり引っ張っってファスナーが壊れてしまったり、収納ケースを無理にグイグイと押し込んで破れる可能性もグンと低くなります!

ロックしてからファスナーを閉めよう

出だし(閉め始め)も好調です。

ロックしてからファスナーを閉めよう

ススッ

ロックしてからファスナーを閉めよう

スイ〜♪

ロックしてからファスナーを閉めよう

完成♪

まとめ

タープの収納を簡単にする方法の紹介でした。

特に、初心者キャンパーの皆さんは『ファスナーを閉めるより前に留め具を閉める』ということは思い浮かばなかったのではないでしょうか。

これ、やってみると本当に楽にファスナーを閉めることができるんです。

もし留め具を固定してもファスナーが閉まらない場合は、タープのたたみ方に問題有りなので空気をちゃんと抜いてみることもしてみましょう。

ABOUT ME
アバター
きよ助
キャンプ大好きな1児の童顔パパ。30代。 以前勤めていた会社では国内で年間100泊以上の宿泊経験をしていました。友人には「旅行先を聞くならきよ助に!」とちょくちょく言われています。