お役立ち

キャンプでの設営4ステップ!スッキリとしたレイアウトを仕上げよう

最初にタープの設営
キャンプ場に着いたけど、まずは何から設営すれば良いんだろう・・・
時短を意識して、とりあえず手分けすればOKなの?

キャンプ初心者だとまず何から設営したら良いか分からず、手当たり次第目に入ったものから設営しがちです。

ただ、意識もしないでただキャンプ道具を組み立てていくと、

あ〜・・・アレを取りに行くのめんどくさいな。
場所入れ替えたいけど、また解体して組み立てるのか。

時間もかかっちゃうし、もうこのまま続行するしかないか・・・。

な〜んてことになってしまいます。(というか実体験の感想ですけどね。笑)

そんな困った事態に遭遇しないためにも、キャンプを快適に過ごすには導線を意識した王道の設営手順を知っておきましょう。

キャンプ場のサイトレイアウトは、下記2パターンをイメージしながら各キャンプ道具を設置していくことをオススメします!

キャンプで導線を意識したレイアウト1 キャンプで導線を意識したレイアウト2

レイアウトの導線の意味合いを知りたい人はこちらの記事をどうぞ!

キャンプで導線を活かしたレイアウト2種類!【イラスト付き】キャンプの設営手順はどうしたら楽? キャンプ道具のレイアウトがいまいち分からないけど、勘でで良いの? キャンプ場に着いてから...

設営をするその前に確認すべきこと

キャンプサイトに着いたらまずはサイトの設営開始だーーー!

と意気込む前に、そのままの状態で設営して問題ないか地面を確認する必要があります。

小石や枯葉はもちろん、目に付く障害物はできる限り設営前に取り除いておきます。

特にテントを配置しようとする場所は小石がないことは必須条件です。

下に硬い石があって痛い!寝られない!!

といったトホホなこともありますから・・・。

そして、テントを小石の上から被せてしまうと擦れて穴が空いてしまう危険があるからです。

せっかく購入した大切なテントに穴が空くと虫が入ってきたり、ピューピューと寒い夜風がテント内を通り抜けることになります。

それを避けるためにグランドシートがあるのですが、安くはないですし持っていない人は整地を必ず行う癖をつけましょう♪

グランドシートじゃなくてもブルーシートを敷いてテントを小石から守るという方法もアリです♪

ステップ1:最初にタープを設営して陣営を組む

最初にタープの設営

最初に取り掛かるのは、まずタープの設営です。

暑い日の場合は、日陰場所としても有効なのでまずはタープから。

急な悪天候でも雨に濡れずに荷物の保管と管理ができるので、なるべくサイト内の中心にタープを配置すると何かと楽になります!

けっこう端っこに配置しちゃうことが多いんですけど、なんだかんだ中心部分になるので真ん中を意識しましょう♪

ステップ2:テントの設営にとりかかろう

テントの設営で寝床を決める

タープの設営が終わったら、初心者キャンパーが苦手とするテントの設営に取り掛かりましょう〜!

グランドシートがある場合は、寝床と決めた場所に敷きてその上にテントを乗せていきます。

テント内外のイメージ
グランドシートを持っていないけど、これを機に買おうかな〜

と思っている人は、持っているテントにジャストフィットする専用のグランドシートが各メーカーから出ているはずなので、そちらをまずは検討しましょう。

どのメーカーにも合うグランドシートを見たことはないですが、安いものであればこういったグランドシートでも良いですね!

テント内のシュラフの向きは足が出入り口側にするのが正解

シュラフの向きは足元が出入り口側にくるようにしよう

出入り口側に頭があると、夜中に人がトイレに出入りした時や就寝が遅い人の動きが気になって最高の睡眠ができないからです!

そのため出入り口側に荷物があると邪魔になってしまうので、荷物は頭のほうにまとめておきましょう!

そうすることで、寝ながらでもカバンの中の物をゴソゴソ探すポイントもできるますから♪

ステップ3:テーブル・椅子を置いてサイトの導線作り

テーブル・椅子の設営で導線を確保

キャンプ道具の中でもテントに次ぐ幅を取るテーブルや椅子を配置していきます。

一緒にキャンプに来ている人の導線作りにもなるので、動きやすいことを念頭にしましょう!

ステップ4:キッチンを設営して機能的な仕上がりにしよう

キッチン周りの段階で機能的な仕上がりに

最後にキッチンの設営です。

作業台付近にガスコンロやガスバーナー類、包丁や食器類を置いていきます。

食器類をキッチン周りに設置します

家のキッチンをイメージしながら並べると普段と変わらない機能的なキッチンの出来上がりです♪

まとめ

初心者キャンパー向けの4つの設営ステップでした。

キャンプを快適に過ごして、心に残る思い出を残すためにも導線作りを意識して設営しましょう!

タープを中心としてテントやキッチンを配置する

これが失敗しないサイト作りの基礎です。

もちろん何回かキャンプに行って自分なりの使いやすい設営ステップも出てくるでしょうから、そこまで慣れたらあとは自己流でいきましょう♪

撤収も知りたい!という方はこちらの記事もどうぞ〜!

食器洗いは焦げを取るくらいにして残りは自宅で!
キャンプの撤収作業のコツは?賢い4ステップで時間の効率化を図るキャンプの撤収作業は時間を持って取り掛かりましょう!そのためには時間の効率化を行うコツがいります。今回は、キャンプ初心者に伝えたいポイントを4ステップにして紹介しています。チェックアウトギリギリになっても撤収作業が終わらない!なんてことにならないようにしましょう。...
ABOUT ME
アバター
きよ助
キャンプ大好きな2児の童顔パパ。30代。 以前勤めていた会社では国内で年間100泊以上の宿泊経験をしていました。友人には「旅行先を聞くならきよ助に!」とちょくちょく言われています。旅行に行くと写真にこだわりすぎて、子どもから「いつまで変な体制で写真撮ってるの?」と急かされ悲しい気持ちになってます。