キャンプ道具

ファイヤースターターで火起こし!コツはロッドを削って金属粉を集め

火起こしは、いつもマッチかライター
マッチかライターを忘れた時に、火起こしで大変だった
毎回着火剤や炭を買うのはもったいないから、なるべく低予算で火起こしをしたい

キャンプに少しハマってきた時に挑戦したい火起こしが、ファイヤースターター!

毎回着火剤や炭を買って、結果余らせてしまうことありませんか?

ファイヤースターターなら本格的な火起こし体験だけでなく、一度買ってしまえばしばらく使えるのでコスパも良いのです!

きよ助
きよ助
実はファイヤースターターを使ったことがなかったのですが、使ってみるとマジで楽しい。

キャンプ中に使えば、友達からも「何それ!!」と注目度が高まりますよ!

簡単に火起こしをするコツは、ロッドを削って金属粉を集めをすること!

この金属粉を集めることを億劫がるといつまでも火がつきません。

手軽に火起こしをしたい人は、こちらの方法で試してください。

【最短5分】誰でも簡単に火おこしができる裏技

ファイヤースターターとは

ファイヤースターターとは

鉄の棒(マグネシウム合金や、鉄とセリウムの合金)と薄っぺらい金属(付属のストライカーやナイフの峰など)を使って火花を作り火起こしを行うための道具。一言で言うと、火打ち石。

こんな感じで火を起こしていきます。

ファイヤースターターで火起こし

鉄の棒(ロッドと言います)と薄っぺらい金属(ストライカーと言います)を擦り合わせて火花を散らして着火させることで、火を起こせます。

きよ助
きよ助
もう雰囲気だけでかっこいい。

初めてやってみてわかったことは、火花を散らすのは簡単。着火させるのが難しい。

用意する道具

ファイヤースターターで火起こしする時に必要な道具は主に2~3つくらいしかありません!

  • ファイヤースターター本体
  • 麻紐
  • 木や割り箸

これだけです!
余裕があれば、綿や綿なんかもあると良いです。

ファイヤースターターは各種いろんなタイプがありますが、私が買ったものはこちら。

sun's hillのファイヤースターター999円なんとお手頃な999円

2,000円〜3,000円するファイヤースターターがあるなかで、sun’s hillのファイヤースターターはなんと999円(笑)

麻紐は100均で買ったものなので、2つ合わせて1,000円で火起こしを数十回体験できちゃいます!

買って上手くいかなくても勉強代として十分と思って買ったけど、超絶コスパが良い。
色は全部で4色あるのでお好みでチョイスしてください!

  1. ファイヤースターター本体
  2. 火吹き棒
  3. 遭難時に活用できる笛付き
  4. 4色から選べる(木製・黒・緑・赤)

③は微妙だけど、②はかなり良い。

火起こしして風を送る時にピンポイントで送風できるのはかなりポイントが高め!!!

ファイヤースターターと麻紐で火起こし

最低でもこの2つがあればOKです。

火起こしをする4ステップ

難しい事はなく、4ステップで火起こしが可能となります。

ファイヤースターターでの火起こし
  • STEP1
    麻紐をほぐす
    麻紐をファサファサ♪になるまで、ほぐします。
    ポイントは、ファサファサ♪感を出すこと。
    麻紐をほぐす
  • STEP2
    ロッドから金属の粉を削る
    鉄の棒(ロッド)から金属の粉を削ってかき集めます。できれば肉眼で確認できるほど集めると良いです。ココを忘れると火がつきにくいです。金属粉の見た目は、胡椒です。
    金属の粉をかき集める
  • STEP3
    火花を散らす
    鉄の棒とストライカーを擦って、火花を散らします。勢いよく斜めにしながら擦り下ろすのがコツです。
    ファイヤースターターでの火起こし
  • STEP4
    着火
    着火したら、火種を消さないように火を育てましょう♪
    ファイヤースターターで着火

私は、STEP2の金属の粉を集めずに火起こししてましたが、誤ちに気がつき途中で金属の粉を集めることで着火に成功しました!

きよ助
きよ助
15分くらい気がつかずにチャッ♪チャッ♪と火花を散らしてた事は、秘密なのです。

まぁ、それも初めての体験なので次回からはもう失敗しません(笑)

これは直接体験した感覚ですが、慣れれば着火剤を買わなくても一度買ってしまえば何回でも使えるので本当にコスパが良いですね。

なぜ金属の粉を集めることが重要なのか

日本マグネシウム協会と日本マグネシウム協会に所属する企業のWebサイトを実際に調べてみると下記のような記述がありました。

インゴットや製品のような塊の状態でしたら、そう簡単には燃えません。溶解作業、切屑や微粉の発生が伴う作業に関しては、注意が必要となります。

マグネシウムは製品の状態では直接火が当たっても、容易には着火しませんが、微粉になると着火し易くなります。

きよ助
きよ助
つまり、金属(マグネシウム)の粉は集めておいたほうが着火させやすいということが証明されているんですね。

日本マグネシウム協会
ファクト株式会社

まとめ

チャッカマンやマッチ・ライターといった道具ではなく、本格的なアウトドアの火起こしを体験したい人は、ファイヤースターターで楽しむのはいかがでしょうか?

この火起こし方法を体験してしまったら、もう元には戻れないくらいアウトドア感があります。

慣れれば着火剤や炭も買う必要はなく、薪と落ちている木々だけでOKです。
安定は松ぼっくりです。

非常事態で遭難した時にも活用できるので1つは持っておいて損はないと思いますよ!

子どもと一緒に火起こし体験をファイヤースターターで行ってみると、より良い思い出になるでしょう♪

【複数・ソロ別】初心者におすすめの焚き火台
初心者におすすめの焚き火台はコレだ!【複数・ソロ別】キャンプで必須とも言える焚き火台。いろんな焚き火台がありますが、初心者キャンパーはコールマン・ユニフレーム・スノーピークから選べば間違いありません。ソロキャンパーはなるべく軽量かつ機能性が溢れる笑's製で問題ないでしょう。...
ABOUT ME
アバター
きよ助
キャンプ大好きな2児の童顔パパ。30代。 2020年現在は、プライベートキャンプができる山を購入するべく山林を探してます。何か情報ありましたらご連絡いただけると嬉しいです。 興味があればプロフィール情報も是非どうぞ!