キャンプ道具

【ジャグ】キャンプ初心者向け5選!手洗いや食器汚れに活躍

ジャグ

キャンプで手や調理器具を洗いたいときに大活躍するのがウォータージャグ。

水を水場まで汲みに行くのがめんどくさい距離でも、水を一度に大量に貯めておけば往復する回数も少なくて楽チンです。

また、キャンプだけではなく日帰りBBQや運動会といったイベントでも活躍する便利アイテム!

初心者には折りたたみができて場所も取らない(融通が効きやすい)『ソフトタイプ』のジャグがオススメ!

コールマンやスノーピークといったキャンプメーカーのジャグでなくても安価で便利に活用できるジャグがたくさんあります。

キャンプに最適!初心者必見のウォータージャグ

【キャプテンスタッグ】 ポリタンク 伸縮ウォータージャグ5L M-1430 容量5L

引用:Amazonの口コミ
使わない時はコンパクトにしまえるので、水漏れが気にならない場所でタンクとして使う分には便利です。他の方も書いている通り、湧水を汲んで車で運ぶような用途には向かないでしょう。

【宇都宮製作】 たためるウォータージャグ ジャバル 7.5L

引用:Amazonの口コミ
素晴らしい商品です。以前は畳めるタイプのタンクを使っていましたが、水が少なくなると自立が難しく台から落っこちたりしてました。折り目から水漏れしたコトをきっかけに買い替え。このジャバルは水の量に関係なく最後まで自立します。

【アイリスオーヤマ】 ウォータータンク 10リットル 【2個セット】

引用:Amazonの口コミ
2015年7月に10リットルタイプを購入をして、書いているのが2018年4月です。その間に釣り・キャンプ・旅行に持って行っていますが、とても重宝しています。

【キャプテンスタッグ】 クールヒッツ ウォータージャグ6L M-5026 容量6L

引用:Amazonの口コミ
急遽キャンプに行く事になり注文しました。すぐに届いて助かりました。
また何か機会があればよろしくお願いします。

【イグルー】 ウォータージャグ400S

引用:Amazonの口コミ
他の方のレビューを見て、蛇口を変えた方がいいのか迷ってましたが結局そのまま使ってます。普通に使えます。キャンプ行くと結構持ってる人多いけどやっぱかわいい。

容量の目安

4人キャンプの1泊2日では、おおよそ8L~10Lを目安にしましょう!

近頃のキャンプ場は水場がしっかりしているところが多いこともあるので、水場が近い場合は2L~4L程度でもOKでしょう。

ただし、容量が少なすぎるとすぐなくなってしまうので見極めは重要です。

ジャグの種類

ソフトタイプ

折りたためばコンパクトに収納可能なので荷物を減らしたい人に初心者にはオススメ。

低価格が多いです。

保冷力はないので、料理の際であったり、手を洗う程度の使用には最適ですが、冷水としては期待はできません。

むしろ、何かを保冷したい場合は別途クーラーボックスで対応して役割分担をさせましょう!

ハードタイプ

安定感があり、斜面であってもグラつかずに使い勝手が良いのが特徴。

保冷タイプの物が多く、大人数でのキャンプなら飲料を入れるのにも適しています。

クーラーボックスと若干機能が被ったり収納する際に場所を取るので、使い所はお好みで!

スポーツタイプ

部活をやっていた人ならイメージしやすいですが、スポーツドリンクを補給する際によく見受けられるタイプです。

ジャグの中では最も保冷性能が高い商品が多いのが特徴ですね。

ただこちらもハードタイプと同じで場所を取ってしまうので持ち運びには難点があります。

まとめ

手洗い用、皿が汚れた時にささっと使う用、水鉄砲用に使う用・・・そんな様々なシーンで使われるジャグ。

最近は各種メーカーが便利で特徴のある商品を販売していますが、「こう使いたい」というイメージを明確にもっていれば理想のジャグに出会えるでしょう。

ABOUT ME
アバター
きよ助
キャンプ大好きな2児の童顔パパ。30代。 以前勤めていた会社では国内で年間100泊以上の宿泊経験をしていました。友人には「旅行先を聞くならきよ助に!」とちょくちょく言われています。旅行に行くと写真にこだわりすぎて、子どもから「いつまで変な体制で写真撮ってるの?」と急かされ悲しい気持ちになってます。