キャンプ道具

【テーブル】キャンプ初心者向け5選!サイズは5−6人用がベスト

テーブル

キャンプでは必要不可欠な道具がテーブルです。

あなたは、どんなテーブルを探していますか?

  • 見た目
  • サイズ
  • 値段
  • 機能性
  • 持ち運びやすさ

選ぶ基準は、たくさんありますよね。

見た目、サイズ、機能性は好みによって大きく変わってきますが、絶対外せないのは大きさなんです。

人数によって大きく変わりますが、5−6人くらいの人が利用できるサイズが最も使いやすいです。

2人キャンプでもテーブルを広く使える5-6人用サイズであれば広々使えます。

初心者におすすめのテーブル5選

初心者、とくにファミリーキャンプを計画しているお母さん、お父さんにオススメのテーブルを一挙に紹介します。

価格は、おおよそ5,000円〜12,000円前後くらいです。

【コールマン】 ナチュラルモザイクリビングテーブル

引用:Amazonの口コミ
最初は二つ折りのホームセンターブランドのにしようと思っていましたが、ワンランク上のサイズに気持ちが傾いてました。柄も飽きちゃうかなーと思いましたが、可愛くて飽きの来ない色味です。収納時のサイズもコンパクトで軽くこれにして正解でした。

選んでおいて間違いないテーブルの1つ

角度が微妙ですが、実際の写真はこんな感じ。

ナチュラルモザイクリビングテーブルの実写真

高さを2段階調節できるので、ローチェアでもハイチェアでもどちらでも対応ができる優れ物。

あとは、折りたたんで運べるので移動も楽チンです。

【コールマン】 ナチュラルウッドロールテーブル/120 [4~6人用]

引用:Amazonの口コミ
アウトドア用の為に購入しました、今はは部屋で使っています。子供がおやつ食べたり、テーブル活用しています。折りたたみで軽くて持ち運びに便利、キャンプ時と公園でバーベキューの時の活躍も期待出来ます。
いろんなところで活用できます。

色味がTHEキャンプを象徴している、コールマンのナチュラルウッドローテブル。

木々が生い茂る中で、茶色の木目テーブルはインスタ映えします。

ナチュラルモザイクリビングテーブルの派手さが苦手という人は、こちらもオススメ。

【クイックキャンプ】 ALPT-90

引用:Amazonの口コミ
ローテーブルとして使用しましたが、足がしっかりとしていたので、不整地でもテーブルがグラグラせずに、快適に使用できました。ベンチも焚き火でのサイドテーブルとして使用しました。これからのアウトドアでも使い倒すつもりです。

テーブルと椅子がセットになったクイックキャンプのALPT-90。

足回りがしっかりしているのでグラつきません!

持ってはいませんが、友人が同じものを持っていて重宝しました。

椅子を持っていかない人、椅子を持参するのが億劫な人はこのセットがあれば十分です。

【コールマン】 収納式アルミレジャーテーブル

引用:Amazonの口コミ
かなり大きいテーブルなので椅子を二脚足したら六人用で使えました。軽いのにしっかりしてるし、収納も楽でした。

軽さを重視する人は、コールマンのアルミレジャーテーブルがおすすめ。

テーブルと椅子が独立しているだけでなく、アルミなので非常に軽いので力に自身がない女性でも軽々持ち運びができます!

【KingCamp】 アウトドアロールテーブル

引用:Amazonの口コミ
見た目の雰囲気はなかなかいいです。何度か使用しましたが各脚毎に長さ調整ができるのは傾斜のある場所での使用には大変便利でした。折りたたみテーブルは他にも2個持っていますがこちらの出番が増えそうです。

せっかく買うんだったら口コミ点数が高めのテーブルが良い・・・

そう思っている人は、KingCampのアウトドアロールテーブルですね。

なんとAmazonで口コミ件数300件超えなのに評価が4.3と高評価。

キャンプでは当然ですが、部屋用で使う人も多いです。

ただし、値段が12,000円くらいするのでキャンプ初心者には手が出しにくい・・・かも?

どうせ買うのなら高機能で!という人には、買って損はありませんよ!

キャンプにテーブルは複数個持って行くべし

今回紹介したメインになりそうなテーブルの他にも、サブテーブルとして複数個持っていった方がキャンプ場では楽になります。

例えば、椅子と椅子の間にビール缶やコップを置いたりすれば、ちょっとしたサイドテーブルにもなります。

その他の使い方としては、調理後の熱い食器を置く用とかですね。

どうしても1つのテーブルだと手狭になったり、クーラーボックスの上に仕方なく置いてしまう(危険!!)ということになってしまいます。

メインと合わせて合計2~3個はテーブルを持っていくと楽になりますよ!

ただし、1つ1つのテーブルの金額もキャンプ初心者にとっては安いわけではありませんので、自作テーブルで金額を抑えることも方法もあります!

初めての自作テーブル!まさかの3,000円以下!?
【初めてのDIY】キャンプで使えるテーブルを2,000円台で自作する方法オリジナルのテーブルを作りたいな〜 キャンプのテーブルでちょうど良い高さのテーブルがなかなか見つからないや・・・。 じ・つ・...

やってみるとハマりますよ!

大きさや使う木材の量にもよりますが、3,000円代くらいから作れますので(笑)

まとめ

メインテーブルは、5-6人用サイズを用意して広々使えればファミリーキャンプでもグループキャンプでも役に立ちます。

ただし、7~8人以上の大人数の場合は、一つではさすがに足りません・・・

テーブルの大きさに以外にも小さな椅子を1~2個持っていって優雅にキャンプを過ごしましょう♪

その他のキャンプ用品を揃えていない!これから揃える!という人はこちらの記事もどうぞ!

キャンプ初心者が用意すべき道具10選
初心者が用意すべきキャンプ道具10選+α!レンタル&自前のポイントもキャンプ初心者が揃えるべきキャンプ道具を一覧にしています。ここでは、オーソドックスな『テント宿泊』『1人〜5・6人程度』まで網羅できる内容です!つまり、1人でもファミリーでもある程度はカバーできる範囲ということ!基本的なラインナップは網羅しているのであとは好みでカスタマイズすると良いですよ。 ...
ABOUT ME
アバター
きよ助
キャンプ大好きな2児の童顔パパ。30代。 以前勤めていた会社では国内で年間100泊以上の宿泊経験をしていました。友人には「旅行先を聞くならきよ助に!」とちょくちょく言われています。旅行に行くと写真にこだわりすぎて、子どもから「いつまで変な体制で写真撮ってるの?」と急かされ悲しい気持ちになってます。