メーカー・比較

予算10,000円以内!おすすめのソロキャン用テントはこれ(オールシーズン)

【オールシーズン】予算10,000円以内のソロ用テント
ソロキャンでオールシーズンにいきたい!
テントの予算は10,000円で検討中♪
ドーム型テント

予算10,000円でオールシーズンのソロキャンプに行くなら、
設営しやすく天候に強いドーム型テントにしよう!

10,000円以内のオールシーズン用テント

冬キャンプを想定しているのなら、荷物をテント内に置ける2~3人用まで対応するテントを予め見ておきましょう!

きよ助
きよ助
冬シーズンは、思っている以上に「毛布」や「寝袋」、「細々とした洋服」でテント内がいっぱいになり置き場所に困るので・・・。

10,000円以内のソロドームテントでおすすめのラインナップはこちら。

10,000円以内のソロ用テントでおすすめしたいのが、このバンドック。

バイクはもちろん、自転車での移動もリュックを背負えばオール解決♪

きよ助
きよ助
荷物を最小限に抑えたい人にはとくに重宝されるテントです。

耐水性も3,000mmと同価格帯のテントとしては非常に優秀な機能。

メッシュがついているので、夏場の暑い日でも風通しを良くすることができるのもポイントが高い。

ワンタッチテントではなく、通常(?)通りペグ打ちするタイプのテントなので、しっかりペグ内すれば微風では飛んでいきません。

ただ金額が安めなので、生地がペラペラなので、グランドシートは別で用意したほうが良いです。

次に、『icamp』のソロ用テントです。

コンパクトながら、大きさは十分!!

  • 215cm(長さ)
  • 100cm(横幅)
  • 110cm(高さ)

それなのに重量が1.6kgと移動の荷物を最小限にしたいソロキャンパーにとっては嬉しい軽量感。

きよ助
きよ助
ペットボトル2リットルよりも軽い!!

しかも10,000円を切ってるのに、アルミポールという構造。

耐水圧は2,000mmと十分ですし、色合いもゴールドに近いのでキャンプ場では映えるはず。

冬キャンプでお世話になるであろう電源付きサイトに順応すべく、電源用の窓がついているのも嬉しいポイント。

海キャンプ・山キャンプ、どちらにも活用できるのが、パイクスピークのソロ用テント。

耐水圧は、2,000mmと申し分ありません。

海外製ですが、日本語でイラスト付きの説明書が同封されています。

インナーは、フック式でポールにパチパチはめていくタイプです。

テント内の広さの目安ですが、コット(190cm × 64cm × 12cm)は入らなかったという口コミもあります。

耐水圧3,000mmと高性能なWeanasのテント。

ソロ用で紹介していますが、規程では2~4人まで対応できる大きさです。

  • 200cm(長さ)
  • 130cm(横幅)
  • 105cm(高さ)

グランドシートが付属されていないので、グランドシートは別に購入が必須でしょう。

きよ助
きよ助
見た目を気にしないのであれば、ブルーシートで代用すればだいぶコスパが良いです♪

気になる点では、ペグが柔めなので硬い地面でのキャンプは不安が残ります。

飛ばされないようにするためにも、ペグは鉄製を予備で揃え得ておくと良いかもです。
数本あれば十分ですし。

1本単位で揃えれば、お財布にも優しいです。

全室が欲しい人は、『HUI LINGYANG』のテントはいかが?

こちらもソロ用テントとして紹介していますが、大人2人・子ども1人くらいまでなら対応できます。
※その場合は、日帰りBBQやビーチで利用がベスト

防虫専用メッシュも付いているので、虫が苦手な人でも大丈夫です。

10,000円以下のテントには宿命ではありますが、生地がペラペラなので冬を過ごす場合は、しっかりと暖房対策をしましょう!

そもそも安いテントと高いテントの違いを知っておきましょう

  • これからテントをしようと考えている人
  • 年に1~2回くらいしか行かないけどMyテントが欲しいソロキャンパー

THEキャンプ初心者は、年に1~2回程度キャンプに行くかどうかすら不明な状態だと思います。

どの商品でもそうですが、安い・高いにはそれぞれ理由があります。

正直、10,000円のテントは安めの部類に入ります。

安いテントと高いテントの決定的な違いは、主に2点です。

  1. 生地が薄い
  2. ポール(支柱)が弱い

数えたらキリがないですが、生地が薄いと通気性や寒暖差に困ることがあります。当然、雨漏れがしてくることもあります。

ポール(支柱)が弱ければ、強風が吹いた時が大変です。ポールが折れるか簡単に飛ばされてしまうことがあります。

3匹の子豚の例にするのなら、ワラの家(画像左)です。

ソロ用10,000円のテント強度

簡単に建てられるし持ち運びも便利!金額も安い!
だけど、強度が微妙!

それが10,000円以内で購入できるソロ用テントの実態です。

まとめ

10,000円以下のオールシーズンに対応しているソロテントとはいえ、さすがに生地はペラペラな物が多いです。

初秋〜真冬においては、電気毛布や厚手の靴下、しっかりとした寝袋も完全装備したうえで臨んでください。

テントの生地だけではさすがに冬は越せず、雪が降ってきたら余計に寒いので・・・。

テントを揃えたら、足りないキャンプ用品を忘れずに用意しましょう!

キャンプ初心者が買っとくべき必要最低限の道具10選
【鉄則】初心者に必要なキャンプ用品10選!相場と失敗しない選び方キャンプ初心者が揃えるべきキャンプ用品をBest10選でチョイス。他にも気になる「相場」や「失敗しない選び方」も紹介中。キャンプにハマるかどうかは行ってみないと分からないので、初キャンプはレンタルすることをオススメしてます。...
ABOUT ME
アバター
きよ助
キャンプ大好きな2児の童顔パパ。30代。 2020年現在は、プライベートキャンプができる山を購入するべく山林を探してます。何か情報ありましたらご連絡いただけると嬉しいです。 興味があればプロフィール情報も是非どうぞ!