比較

予算30,000円以内!おすすめのソロキャン用テントはこれ(オールシーズン)

【オールシーズン】予算30,000円以内のソロ用テント
ソロキャンでオールシーズンにいきたい!
テントの予算は30,000円で検討中♪

予算30,000円のテントでオールシーズンのソロキャンプに行くなら、
設営しやすく通気性、断熱性に優れたワンポールテントにしよう!

ワンポールテント

おすすめは、テンマクデザインのパンダVC!

もはや最初の導入で、これほど機能性はないんじゃないか?というほど人気があるワンポールテント。

  • 270cm(長さ)
  • 270cm(横幅)
  • 170cm(高さ)

大きさも、270cm四方とダイナミックだけじゃなく高さも170cmと比較的高めの設計。

気温が高い時は、フライシートを上げれば通気性が良くなり涼しくなるだけじゃなく布が熱を通しにくいので、そもそも涼しいです。

逆に寒い時期は、フライシートを閉じれば熱がテント内にこもるという機能性は多くのソロキャンパーに愛用されています。

きよ助
きよ助
手が出しやすく、設営もしやすいので女性キャンパーにも人気なのです!

テンマクデザインが手掛けているテントですが、似た形としてパンダTCというものがあります。

それよりも小ぶりで低価格なのがパンタVCなのです!
完全にソロキャンプを想定しているのなら、「買い」のテントです。

【初心者向け】テンマクデザインのおすすめ商品ベスト5
【テンマクデザイン】初心者向けのおすすめキャンプ用品ベスト5!テンマクデザインの中でも初心者向けにオススメのキャンプ用品をまとめてます。いろいろありますが、①テント②ランタンスタンド③エプロン④調味料Box⑤鉄板プレートで分類分けしています。また15%オフで買える株主優待券に関しても説明しています。...

30,000円以内のオールシーズン用テント

ソロキャンプで30,000円の予算があるのなら、かなり快適な寝室空間を得ることができます!

おすすめは下記3つのテント。

いずれも持ち運びと機能性のバランスが取れている安定して人気があるテントです。

バンドックの軍幕タイプのソロ用テント。

コットを置くことがほぼ必須になるシーンが多いですが、何より遮光性が高いのがポイント。

10分前後で設営ができる手軽さも人気の1つ。

ワンポール形やドーム形のテントとは、少し違った形をしているのでキャンプ場でも自分のテントだと分かりやすいはずです。

外気温3度だったとしても簡易カセットストーブを付けたら、軍幕内の気温が9度まで上昇したという声もあり。

フルクローズにし、幕内でイワタニの「マイ暖」を焚く。外気温マイナス3度で幕内プラス9度まで上がる。テントが小さいので真冬でも暖房はこれで十分かと思う。朝起きると外は10センチ程雪が積もり風も強いがテントは全く問題ない、(日の出前に撤収したので積雪の写真なし)このテントはポリコットンだがコンパクトなので軽い設営、撤収はかなり楽。

コットン生地なので、火に強く撥水加工もありますが、色合いが白なので汚れは目立ちやすいのがややネック。
※拭けばすぐ落ちます

登山愛好家にも使用されるモンベルから出ているクロノスドームも30,000円の予算内に(ギリギリ)収まるテントです。

前室があまり取りにくいタイプのテントですが、耐水性・広さ・価格を全て考慮すると文句は出にくい!

  • 220cm(長さ)
  • 110cm(横幅)
  • 105cm(高さ)

耐水性も良い&テント自体は吊り下げ式なので、雨天では浸水してきた!という口コミは見られません。

バイクツーリングの人にとっては機能性と設営のしやすさに優れたテントの1つ。

きよ助
きよ助
今回は1型を紹介していますが、2人でも利用したい人は2型をおすすめします!

色がオレンジと青の2色あり、多くの人は青をチョイスしているので被りたくない人はオレンジにしておきましょう。

ソロ用テントの予算30,000円は不満が出にくい金額帯

  • テントの予算は、30,000円以内!
  • できればキャンプ中に嫌な思いはしたくない!

ソロキャン用に購入するテントとして、予算30,000円以内だと非常に優秀なテントが候補に上がってきます。

  • 生地の質
  • 耐水圧
  • 広さ
  • 重さ
  • 頑丈さ
  • 前室の広さ
  • 設営のしやすさ

これら全ての平均値が高く、特に冬キャンプ中に低価格テントとの違いがハッキリと分かります。

強度の例としては、3匹の子豚でいうところの、レンガの家(画像右)です。

とんでもない暴風雨の悪天候だったらキャンプそのものが危険ですが、概ね浸水やテントが飛ばされるといった不安はありません。

冬キャンプに行くのなら、テント内の暖かさは非常に重要になってきます。

春〜秋は正直なところ、風通しを良くすれば何とか過ごせる作りのテントが多いですが、問題は「冬の寒さをどう耐えるか」です。

ソロキャンプとしては荷物は最小限にしたいところなので、テント自体の機能を上げればプラスで持参する物も少なくて済みます。

そういった意味では、冬キャンプに行くのなら30,000円以内のテントを見るようにしておくと、きっと現地で楽しく過ごせるはずです♪

まとめ

予算30,000円以内であればソロキャンプ用のテントとしては、非常に満足のいくラインナップがどんどん出てきます。

もちろん30,000円以上のテントであれば、さらに満足の行くテントに巡り合える可能性は高くなります。

でも、キャンプ初心者にとって30,000円以上のテントは手が出しにくいのが現実。

初めてのテント、かつ、冬キャンプにも行きたいと切望する人は、今回ご紹介したラインナップから選べば不満は多くないはずです。

きよ助
きよ助
あとは、どういう過ごし方をしたいかで変わってきますので検討してみてください♪

そしてテントを揃えたら、足りないキャンプ用品を忘れずに用意しましょう!

キャンプ初心者が買っとくべき必要最低限の道具10選
【鉄則】キャンプ初心者に必要な道具10選!相場と失敗しない選び方キャンプ初心者が揃えるべきキャンプ用品をBest10選でチョイス。他にも気になる「相場」や「失敗しない選び方」も紹介中。キャンプにハマるかどうかは行ってみないと分からないので、初キャンプはレンタルすることをオススメしてます。...
ABOUT ME
アバター
きよ助
キャンプ大好きな2児の童顔パパ。30代。 2020年現在は、プライベートキャンプができる山を購入するべく山林を探してます。何か情報ありましたらご連絡いただけると嬉しいです。 興味があればプロフィール情報も是非どうぞ!