メーカー・比較

予算20,000円以内!2~4人用テントはこれ(オールシーズン)

【オールシーズン】予算20,000円以内の2~4人用テント
2~4人でオールシーズンのキャンプ!
20,000円以内で探してる

設営もしやすく通気性・断熱性に優れているドーム型が人気です!

ドーム型テント

ドーム型は設営も楽なだけじゃなく、ポールが交差することで両サイドからの風にも耐えてくれます。

ロープでペグ打ちすれば、多少の雨風であれば凌げますし。

初心者に特におすすめなのは、コールマンのドーム型テント。

キャンプ初心者に安定した人気を誇るコールマン。

最初の1つめのテントしては申し分ありません。

きよ助
きよ助
私も最初はコールマンのドーム型テントでした。

前室も作れるし腰痛持ちにとってテント内で腰をかがめるのはツライのですが、BCクロスドームであれば高さも175cmあります。

専属のペグとハンマーだけだと不安なので、鉄製のペグとハンマーを用意しないと不安だらけですが、予算内で収まるテントとしては1番最初に思い浮かびます。

プラスチックのペグとハンマーを鉄製に変えよう
3回目で破損。ペグとハンマーは鉄製買っとけ!プラスチックだと怖い理由プラスチックペグとハンマーは壊れやすいので、鉄製ペグを買うことをおすすめします。実体験では、3回目でプラスチックハンマーが壊れました。その結果、テント設営が困難になりめちゃくちゃ苦労したお話です。本当に鉄製ペグを用意してほしいです。...

その他、20,000円以内のラインナップ

20,000円以内のオールシーズンテントは、メーカーを選ばなければ幅広い選択肢がありますが、広さに関しては贅沢を言ってられない金額帯です。

2~4人用のテントを金額で3段階に分けると、こんな感じ(画像左)です。

2~4人用のテントイメージ

20,000円以内のテントは、3匹の子豚でいうところの、ワラの家です。

金額で比較するとワラの家ですよ!ということです。

強風時の強度でいえば、ペグ打ち・ロープを張れば問題ありません。実際のワラの家ほど柔くはなく頑丈です。

キャンプ初心者に定評のあるコールマンから出ている、ワンポールテントのエクスカーションティピです。

  • 325cm(長さ)
  • 230cm(横幅)
  • 200cm(高さ)

耐水圧は1,500mmと心細い数値ですが、悪天候でも気にはならないレベルです。

ワンポールテントなので設営も楽々できるのに、テント内が広いことが何よりの良いポイント。

きよ助
きよ助
成人男性2人が大の字で横に並んでも、余裕の広さです♪

ワンポールなのでペグ打ちしないといけませんが、前室も作り出せるので「買い」の1つです。

山善から出ている「キャンパーズコレクションのプロモキャノピーテント5」です。

きよ助
きよ助
4~5人まで対応しているのに、金額が20,000円を切ると言う優れ物。

大は小を兼ねる!
金額が治ってればオッケーさ!!笑

  • 435cm(長さ)
  • 275cm(横幅)
  • 165cm(高さ)

広さも4人までの利用なら余裕がありますし、入り口が2つあるので出入りがしやすいのもポイントが高め。

唯一?の欠点は、天井にベンチレーター(空気の逃げ場)がないので夏場がキツイということ。

冬キャンプに対応していなくはないけれど、ガスストーブや電気毛布は必須になります。

お財布に優しいキャプテンスタッグから出ているツーリングドームです。

形状はコールマンのタフドームに似ていますが、こちらは20,000円以内で収まります。

  • 130cm(長さ)
  • 210cm(横幅)
  • 130cm(高さ)

ドーム型らしい前室を作れるので、全体の空間としてはまずまずの広さになります。

2人で使うには十分ですが、3人は入りません。

耐水圧は微妙なので、タープと合わせて活用することをおすすめします。

まとめ

2~4人で使える20,000円以内のテントでした。

正直、20,000円以内で4人まで使えるテントは選出に厳しい金額帯です。

2人での利用であれば、1~2人用のテントで同金額帯を探したほうが早いかもしれません。

4人まで使えるテントで20,000円で一定の評価があるのは今回紹介したテントとなります。
※他に良さそうなテントがあれば追記していきます!

ABOUT ME
アバター
きよ助
キャンプ大好きな2児の童顔パパ。30代。 2020年現在は、プライベートキャンプができる山を購入するべく山林を探してます。何か情報ありましたらご連絡いただけると嬉しいです。 興味があればプロフィール情報も是非どうぞ!