メーカー・比較

予算40,000円以内!2~4人用テントはこれ(オールシーズン)

【オールシーズン】予算40,000円以内の2~4人用テント
2〜4人のキャンプがしたい!できれば冬も楽しみたい!
テントの予算は40,000円で検討中♪

予算40,000円以内の2〜4人で楽しめるテントは、ドーム型かワンポールテントがおすすめ。


ドーム型テント
初心者の登竜門


ワンポール型テント
子供に大人気&雰囲気最高

オシャレ&インスタ映え思考でいくなら、LOGOSのナボハが候補に挙がります。

  • 250cm(長さ)
  • 300cm(横幅)
  • 180cm(高さ)

大きさが200・300・400と分かていて、4人で行くなら300か400が理想的。

300であれば、大人2人・子ども2人でも寝られる大きさです。

雨天時に気になる耐水圧は3,000mmあるので申し分なし!!

きよ助
テントの生地が難燃性なので焚き火から出る火の粉で燃え移る心配もありません。

オールシーズン行けるだけじゃなくインスタ映えするテントとしては、1番最初に候補に挙がります。

【テント】キャンプ初心者はコレ見ておけば間違いない5選!後悔はしたくないでしょ?テントを買いたいけど、何を基準にして選んだらいいの?・・・というキャンプ初心者は必見。基本的には横幅300cm・高さ300cmのテントを選ぶことを推奨。理由は、実際に自分が経験した体験からくるものです。サイズ・価格といった選ぶポイントや失敗しないポイントも合わせて載せています。...

40,000円以内のオールシーズン用テント

40,000円以内のオールシーズン用のテントは、豊富なラインナップがあります。

オールシーズンにキャンプへ行くためには、夏はメッシュや風通しが良く、冬はコットンのような保温性があるテントであると安心です。

2~4人用のテントを金額で3段階に分けると、こんな感じ(画像中央)です。

40,000円以内の2~4人用のテントイメージ

40,000円以内のテントは、3匹の子豚でいうところの、木の家です。

金額で比較すると木の家ですよ!ということです。

強風時の強度でいえば、ペグ打ち・ロープを張れば問題ありません。

THE初心者向けのテントセットとして屈指の人気を誇る、スノーピークのアメニティドームM。

Amazonで買うと40,480円なので、予算40,000円より480円飛び出ちゃってますがご愛敬で(笑)
※ひとまわり小さい3人用だと32,800円です♪

広い前室を生み出すことが可能であり、大きいテーブルを置いても椅子を置くスペースも十分あります。

きよ助
前室の左側には出入り口があり、横からささっと出れるのが隠れた高ポイント。

インナー内の広さは270cm×270cm(約畳4.5帖)の大きさなので寝るだけならOKでしょう。

  • 250cm(長さ)
  • 300cm(横幅)
  • 180cm(高さ)

そしてスノーピークのメーカー特典として、アフターサービスが充実しています。

アフターサービス
  1. 壊れても破けても安心の修理サービス
  2. 乾燥サービス
  3. 収納代理サービス

スノーピークのアフターフォローの細かい話はこちらをどうぞ。

前室も作れるし腰痛持ちにとってテント内で腰をかがめるのはツライのですが、BCクロスドームであれば高さも175cmあります。

専属のペグとハンマーだけだと不安なので、鉄製のペグとハンマーを用意しないと不安だらけですが、予算内で収まるテントとしては1番最初に思い浮かびます。

3回目で破損。ペグとハンマーは鉄製買っとけ!プラスチックだと怖い理由プラスチックペグとハンマーは壊れやすいので、鉄製ペグを買うことをおすすめします。実体験では、3回目でプラスチックハンマーが壊れました。その結果、テント設営が困難になりめちゃくちゃ苦労したお話です。本当に鉄製ペグを用意してほしいです。...

冬に行かないけど20,000円以内のテントで検討している人には、十分すぎる機能が揃っています。

夏は木陰の様に涼しく、冬は暖気を逃さない構造のサーカスTC。
※「TC」は、ポリエステルとコットンの混紡素材であるポリコットン素材のこと。

テンマクデザインのサーカスTCは、急激に人気を伸ばしているワンポールテントの代表格です。

きよ助
人気がありすぎて在庫切れになってることもしばしば・・・。
  • 442cm(長さ)
  • 420cm(横幅)
  • 280cm(高さ)

一見小さいように見えますが、ソロキャンプから親子3〜4人のファミリーキャンプにまで使えるので、キャンプ中の便利な相方になるでしょう!

冬キャンプで使用する薪ストーブに適したテントとして、サーカス TC DXというものもあります。こちらも要チェック!

土間式スタイルでも良いし、コットを置いて快適に過ごしても良いですね!

「テント内を歩ける高さ」と「日陰面積を増やすキャノピードア」が両立する、DODのドーム型テント。

  • 510cm(長さ)
  • 310cm(横幅)
  • 215cm(高さ)

耐水圧は2,000mmあるので問題なし!

気になる全室の大きさは、約1畳程度の大きさがあります。

テント内は大人3人が川の字で寝ても小スペースが生まれるほどの広さです。

なにより設営が簡単なのがポイントです。

その他のテントにはない、「グランドシート」がついて40,000円以内で購入できるのはお財布に優しすぎる!!

コールマンやスノーピークのテントと被りたくないと言う人にもおすすめです。

まとめ

2人〜4人用テントで予算40,000円もあれば、非常に頑丈で人気のあるラインナップが登場してきます。

もちろん、特にオールシーズン行くとなると生地の厚さももちろんですが、「寒気の良さ」「熱を逃さない」といったことを検討しなければなりません。

今回紹介したテントの中から選べば失敗はないです。

むしろ多くの初心者キャンパーがどれかで落ち着いているので、先輩が大勢いるということ。

予算内で自分のキャンプライフに合うテントに巡り合えると良いですね♪

ABOUT ME
きよ助
キャンプ大好きな2児の童顔パパ。30代。 2020年現在は、プライベートキャンプができる山を購入するべく山林を探してます。何か情報ありましたらご連絡いただけると嬉しいです。 興味があればプロフィール情報も是非どうぞ!