準備

【初心者】後悔しないために!自分に合うキャンプ道具の選び方

キャンプ道具の選び方
よし、今年こそキャンプデビューしちゃうぞ!
まずは道具を揃えたいけど、せっかく買うんだから良い道具を買いたい!

そう思っている、そこのあなた!

いきなり道具を揃えにいくのも良いですが、『何を揃えたら良いか』の前に『自分に合うキャンプ道具の選び方のコツ』を知っておいたほうが良いと思いませんか?

全てのキャンプ道具に通じますが、キャンプ道具選びには『5つの鉄則』があります。

キャンプ道具選びの鉄則
  • 商品レビューの2点もしくは1点を読む
  • 同じ用途の商品を店舗で試す
  • 利用シーンをネットで探してイメージを刷り込ませる
  • 買うのに躊躇するものはキャンプ場でレンタルしてから決める

特に最初のキャンプでは、テントを設営した人が同行する人がいない場合は控えましょう。

予約時にキャンプ場で予約してから、欲しいテントの大きさや色、機能性を見極めてからでも遅くありません。

なぜなら、最も価格が高い道具でもあり、『なんかいまいちだな〜』『買い直したいな〜』と思ってもなかなか行動に移せないからです。

そういう意味では、初回のキャンプはオールレンタルが良いですよ♪

商品レビューの2点もしくは1点を読む

低評価の口コミ点数に注目しよう

マイナスの口コミを読むことがポイントです。

どうしても良い商品が欲しいと良いコメントが気になりますよね。

しかし、大事なのはマイナスの口コミなんです。

大事なので2回言いました。

『買って失敗したな〜』『ここがいまいちだった』というレビュー・コメントを知っておくと事前にマイナス面およびデメリットが見えます。

欲している道具が、『100%、デメリットはありません!』なんてことはありえないです。

どこかしらの点でデメリットやマイナス面があります。そうでなければ、メーカー側も製品改良を行わずに永遠にその商品を売り続けることになりますからね。

またレビュー数の合計が5件以下の商品はあまりオススメできません。

「合計」としたのは、Amazonや楽天市場といった各ポータルサイトでの合計レビュー数です。

これはもう数字が表しているのですが、買っている人が少ないと想定できるからですね。
※もちろん本当に良いものもあるので、そこは自身で判断をするしかありません

後悔・失敗しないためには、実際に後悔・失敗している先輩たちのコメントを参考にしましょう!

同じ用途の商品を店舗で試す

キャンプ道具は、機能性や使い心地が自分に合うかどうかも重要なポイントです。

キャンプ道具を売っている店舗に足を運んで実際にいくつかの同類商品を試すとダイレクトに違いがわかります。

  • 椅子であれば、腰や背中のフィット感
  • テーブルであれば、縦横のサイズ感
  • LEDランタンであれば、明るさの違い

百聞は一見に如かずです。

実物を試したほうが自分に納得感があります。

ネットでのレビューも合わせて目星をつけた商品を体験しにいくようにしましょう。

利用シーンをネットで探してイメージを刷り込ませる

自分が欲しいと思っている道具がキャンプ場でどういった使われ方をしているかを知っておくと良いです。

また、自分では思いつかなかったような便利な使い方をしている先輩キャンパーがいます。

その利用シーンを知っておけばキャンプ場でちょっと得した気分になります。

ちなみに、自分がキャンプ場で斬新な使い方を発明してSNS上で公開すれば、他の初心者キャンパーも喜びますよ!

レンタルしてから決めるのも有

買うのにどうしても気を引けてしまう道具の場合は、キャンプ場でレンタルできそうなものであれば体験してから購入するのでも良いでしょう。

冒頭でも説明しましたが、テントは値段も商品も大きく設営も大変です。

ましてや設営方法や自分に合う機能性を知らずに買ってもキャンプ場で嫌な思いをするだけじゃないですか?

小物系は買い替えの融通が効ききますが、大物系はなかなか交換が厳しいです。

また、その他欲しんだけど一回試してからが良いな・・・というものがあれば一度キャンプ場でレンタルできるかどうか問い合わせてみましょう!

キャンプ場以外でもキャンプ用品をレンタルできるサービスもあります!

キャプ用品をレンタル利用できるサイト
【買うよりお得?】キャンプ用品のレンタルサイト神7!まとめてみたよキャンプ用品をレンタルしようと思って検索するとたくさんのサイトが出てきて困っていませんか?定評のある7つのサイトを2泊3日までの利用料金で比較しています。足りないキャンプ用品はレンタルして現地まで運んでもらいましょう!...

まとめ

今回は、後悔しない自分に合うキャンプ道具の選び方でした。

一気に道具を揃えたくなる人もいるでしょうが、少しずつ増やしていく方が楽しみも増えますよ!

ただしまた今度でいっか〜・・・と思うと、なかなか購入しない人も多いので、ある程度の勢いは重要です。

そして最初から自分に合う道具に出会えれば最高ですが、ベテランになってくると何回も試し買いをするようになります。

キャンプ場で他の先輩キャンパーが使用している道具をメモするのも必勝のひとつです。

今回紹介した自分に合う道具の見つけたと合わせて、参考にしてみてください♪

キャンプ初心者が買っとくべき必要最低限の道具10選
キャンプ初心者が用意すべき道具10選+α!レンタル&自前のポイントもキャンプ初心者が揃えるべきキャンプ道具を一覧にしています。ここでは、オーソドックスな『テント宿泊』『1人〜5・6人程度』まで網羅できる内容です!つまり、1人でもファミリーでもある程度はカバーできる範囲ということ!基本的なラインナップは網羅しているのであとは好みでカスタマイズすると良いですよ。 ...
ABOUT ME
アバター
きよ助
キャンプ大好きな2児の童顔パパ。30代。 2020年現在は、プライベートキャンプができる山を購入するべく山林を探してます。何か情報ありましたらご連絡いただけると嬉しいです。 興味があればプロフィール情報も是非どうぞ!